Home >> リラックマバスニュース >> リラックマバスのあゆみ

リラックマバスのあゆみ

● リラックマバスの履歴(2017年7月現在)●※主にイベント関係を中心にご紹介しています
 

凡例共通情報 共通情報1号車関連 1号車関連2号車関連 2号車関連3号車関連 3号車関連4号車関連 4号車関連5号車関連 5号車関連高速バス関連 高速バス関連

 

※ ∨印(右端)のある項目は、クリックで詳細をご覧いただけます

2007年(平成19年)

  • 7月27日リラックマバス1号車登場(拝島営業所所属:H728号車)
    主に立川駅北口~大山団地折返し場間で運行開始

    • 「リラックマバス」登場!

        

      2007年7月27日、リラックマバスの1台目となる車両が、拝島営業所にて施工されました。
      栄えある1台目の車両は拝島営業所所属のH728号車。ここからリラックマバスの歴史がスタートしました。
      完成直後のリラックマバス
      ▲完成直後の「リラックマバス」営業運行前の貴重な姿
      当時は1台のみだったので「1号車」とは付かず、単に
      「リラックマバス」と呼んでいた

      キャラクター仕様の車内
      ▲ポスター等もリラックマで統一▲キャラクターが描かれた座席

      様々な協議等を経て誕生した「リラックマバス」。普段バスを利用しない方やリラックマファンの方にもっとバスに親しみをもっていただきたい、という思いを形にしたものでした。
      初めて現物を見たときは、外装ラッピングもさることながら、シートラッピングを施した内装や行先表示のイラストが特に印象的でした。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 8月1日~31日立川バス×リラックマ「ごゆるりサマーキャンペーン」実施

  • 10月20・21日小田急ファミリー鉄道展にて展示(神奈川県海老名市)

    • 小田急ファミリー鉄道展(海老名)で展示

        

      2007年10月20・21日に開催された小田急ファミリー鉄道展に参加。車両展示・グッズ販売を行いました。
      この時はリラックマバス以外にも、箱根登山バス、東海バス、神奈川中央交通が展示されました。
      鉄道展会場で展示の「リラックマバス1号車」
      ▲鉄道展会場で展示される「リラックマバス1号車」
      背後には箱根登山バス、東海バスの姿も見える

      展示の様子
      ▲展示中の様子▲LED点灯時の様子

      今でこそ多数のイベントを主催、または参加している当社ですが、バスの展示はこの時が初めての経験でした。
      展示の仕方やスタッフの配置等も手さぐりの中でしたが、多くの来場者にご覧いただき、トラブル等もなく終了しました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

2008年(平成20年)

  • 11月16日リラックマバス1号車、上水営業所へ転属(J728号車となる)
    主に国立駅南口~矢川駅間で運行

2009年(平成21年)

  • 11月19日リラックマバス2号車登場(上水営業所所属:J730号車)
    主に立川駅北口~若葉町団地間で運行

    • リラックマバス「2号車」登場!

        

      2009年11月19日、待望の2台目のリラックマバスが誕生しました。
      車両は上水営業所所属のJ730号車。爽やかな空色のカラーとなりました。
      完成直後の「リラックマバス2号車」
      ▲完成直後の「リラックマバス2号車」
      この時から区別するために「1号車」「2号車」の呼称が付いた

      施工中の様子
      ▲施工中の様子▲ぬりえキャンペーンで
       使用したイラスト

       当社路線エリア全体をカバーし、より多くのみなさまの目に触れる機会を作りたいというコンセプトのもと、既に1号車の登場から2年以上が経過していましたが、2号車が実現しました。デビューを記念して「ぬりえキャンペーン」を実施し、多くの方にご参加いただきました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 12月リラックマバス2号車登場記念「ぬりえキャンペーン」実施

2010年(平成22年)

  • 2月11日第1回「立川バスファン感謝イベント」にて
    初の1号車2号車 2台並び展示(拝島営業所)

    • 初の2台並びでの展示が実現

        

      2010年2月11日に開催された初の自社主催イベント、第1回「立川バスファン感謝イベント」にて、リラックマバスが全車(当時は2台)展示されました。この時が公式での初の2台並びでした。
      完成直後のリラックマバス
      ▲会場となった拝島営業所で展示される
      「リラックマバス1号車(右)・2号車」

      2台並びでの展示
      ▲展示準備中の様子▲イベントでの展示車両の並び

      初めての自社主催イベントのため、準備段階から何もかもが初めての経験となりました。その中でも「リラックマバス」の2台並びは、担当者として是非とも実現させたかったものの一つであり、おかげさまで来場者からも大変好評でした。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 5月5日ビナウォーク「はたらく車大集合」にて1号車を展示(神奈川県海老名市)

    • ビナウォーク(海老名)イベントに初参加

        

      2011年5月5日、神奈川県海老名市にある商業施設「ビナウォーク」で開催された「はたらく車大集合」にリラックマバス1号車が初参加しました。海老名での展示は鉄道展に続き2度目となりました。
      ビナウォークで展示される「リラックマバス1号車」
      ▲ビナウォークで展示される「リラックマバス1号車」

      運転席でみなさまをお出迎え
      ▲運転席でみなさまをお出迎え

      リラックマバス展示の時に欠かせないスタッフがいます。それはリラックマたちの大きなぬいぐるみです。
      展示の際にはいつも運転席や座席に座ってみなさまをお出迎えしています。実はこのぬいぐるみ、上記イベントで主催者の方からいただいたものなのです。それ以来、数々のイベントにリラックマバスと共に参加しています。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

2011年(平成23年)

  • 2月11日第2回「立川バスファン感謝イベント」にて2号車を展示(拝島営業所)

  • 4月27日1号車2号車 前面の塗り替えを実施

    • 車体前面の塗り替えを実施

        

      車体全体を統一的なデザインとするため、2011年4月、通常カラーであった前面を変更しました。
      これにより、「よりリラックマバスらしくなった」との声も。
      変更後の1・2号車の並び(上水営業所にて)
      ▲変更後の1・2号車の並び(上水営業所にて)

      前面の塗り替え前のリラックマバス
      ▲矢川駅付近を走る1号車▲上水営業所で待機中の2号車

      「よりリラックマバスらしくなった」同車ですが、前面にイラストが入るまでの間、約1ヶ月程度イラストなしの状態で運行していたのをご存知ですか?
      わずかの期間だったので、実際に見た方は少ないのではないでしょうか。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 7月27日リラックマバス3号車登場(上水営業所所属:J956号車)
    主に国立駅北口~弁天通り折返し場間で運行

    • リラックマバス「3号車」登場!

        

      2011年7月27日、上水営業所所属のJ956号車が「リラックマバス3号車」として登場しました。
      1・2号車のいすゞ車に対して、初めて三菱ふそう車のリラックマバスとなりました。
      完成直後のリラックマバス
      ▲完成直後の「リラックマバス3号車」
      当初より前面にもデザインが入り、ホイールも
      車体色と同じピンク色に塗装された

      施工中の様子や車内
      ▲施工中の様子▲車内もピンク色のシートで統一

      実は当初、別の色も候補に上がっていた3号車でしたが、最終的に女性からの人気が高いピンク色で決定しました。車体全体がピンク一色というのは正直抵抗がありましたが、実際に現物を見てみると想像以上の素晴らしさで、ピンクにして良かった、1・2号車以上の人気が出るなと感じました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 7月30日~リラックマバス3号車登場記念
    「ごゆるりサマーキャンペーン2011」実施(7/30~9/4)

  • 9月4日リラックマバス3号車撮影会&グッズ販売会実施
    (イオンモールむさし村山ミュー)

    • イオンモールに初登場

        

      3号車のデビューを記念したサマーキャンペーンの最終日である2011年9月4日、イオンモールむさし村山で展示イベントを開催しました。同施設でのイベント開催はこの時が初めてでした。
      イオンモールのバス停に停車する1号車と2号車
      ▲会場はイオンモールむさし村山の駐車場
      展示準備中の「リラックマバス3号車」

      キャラクター仕様の車内
      ▲イオンモールのバス停に
       停車する1号車
      ▲こちらは2号車

      当社はイオンモールむさし村山で多数のイベントを開催していますが、その記念すべき第1回目がこのイベントでした。ショッピングモールの駐車場という会場は初めての経験でしたが、多くの方に楽しんでいただく事ができました。ちなみに展示車両は3号車1台だけでしたが、イオンモールから玉川上水駅を結ぶ路線に当日限定で1・2号車を運行し、こちらも大変好評でした。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 9月11日日本バス協会主催「バスフェスタ2011」にて3号車を展示(日比谷公園)

    • バスフェスタ(日本バス協会主催)に初参加

        

      2011年9月11日に開催された「バスフェスタ㏌TOKYO」では、デビュー間もない3号車が参加。
      日比谷公園での開催となり、東京都心へ初めて「リラックマバス」が乗り入れました。
      会場の日比谷公園に到着し、展示準備中の「リラックマバス3号車」
      ▲会場の日比谷公園に到着し、展示準備中の
      「リラックマバス3号車」

      待機中や展示中の様子
      ▲待機中の一枚、
       ちなみに背後の建物は法務省
      ▲こちらは展示中の様子

      当時、日本バス協会のイベントに参加できるなどとはまったく考えていなかったので、主催者側からの依頼があった時には本当に驚きました。そして、その後も毎年(~2015年まで)参加する事になるとは、この時は思ってもみませんでした。これも「リラックマ」というキャラクターの知名度があったからこそですね… 色々なバスが展示されるイベントであるため、会場への入場前にはこんなレアな並び(写真左)も見られました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 11月16日リラックマバス3台(全車)を、立川駅北口~若葉町団地間に集中投入

2012年(平成24年)

  • 3月3日第3回「立川バスファン感謝イベント」にて
    1号車2号車3号車(全車)を展示(拝島営業所)

    • リラックマバス3台集結!

        

      2012年3月3日に開催された第3回「立川バスファン感謝イベント」にて、3台全車(当時)が集結。
      初めて全車そろい踏みの展示が実現しました。
      会場の拝島営業所で展示される、3台の「リラックマバス」
      ▲会場の拝島営業所で展示される、3台の「リラックマバス」

      キャラクター仕様の車内
      ▲3台の並びを色々な角度から…

      この当時、3台のリラックマバスはいずれも上水営業所の所属でしたが、同じ営業所であっても3台が並ぶというのはなかなか見られないレアな光景でした。そのため、イベント当日はスタッフである事を忘れて(?)、この並びを夢中で撮影してしまいました…

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 4月6・7日桜満開時期限定で、リラックマバス3台(全車)を、
    国立駅南口~矢川駅間に集中投入
    運行路線の変更を実施
    1号車:弁天・戸倉線2号車:村山団地線3号車:矢川線

    • 桜の名所、大学通りにリラックマバス3台集結!

        

      桜の名所として有名な国立市にある大学通り。そこを走る路線に桜の開花時期に合わせて、リラックマバス全車を集中的に投入し、桜並木に彩りを添えました。

                                      

      大学通りを走る3台の「リラックマバス」
      ▲大学通りを走る3台の「リラックマバス」

      この時期、リラックマバスを別の営業所へ分散配置させる事は決まっていました。その場合、3台が同じ路線を運行することは原則できなくなるため、桜の開花時期に合わせて企画したものでした。
      実際には桜の見物渋滞等でダイヤ通りに走る事ができませんでしたが、それでも沿道には「桜とリラックマバス」の組み合わせを撮影する方がいらっしゃいました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 5月6日ビナウォーク「はたらく車大集合」にて3号車を展示(神奈川県海老名市)

  • 7月16日リラックマバス分散配置を実施
    1号車:拝島2号車:上水(残留)3号車:瑞穂
    3号車については当社初の希望番号を取得 ※リラックマにちなんで5656(ゴロゴロ)

  • 7月24日リラックマバス4号車登場(上水営業所所属:J379号車)
    主に国分寺駅北口~花小金井駅~昭和病院間で運行

    • リラックマバス「4号車」登場!

        

      2012年7月24日、上水営業所所属のJ379号車が「リラックマバス4号車」として登場しました。
      初の中型車サイズのリラックマバスとなり、新たなバリエーションが加わりました。
      完成直後の「リラックマバス4号車」
      ▲完成直後の「リラックマバス4号車」
       ピクニックがテーマの鮮やかな黄緑色(若草色)の車体が印象的
       ホイールとバックミラーはのちに車体色と同色に塗り替えられた

      4号車完成直後、4台全車が並んだ貴重なシーン
      ▲4号車完成直後、4台全車が
      並んだ貴重なシーン
      ▲これは広報用で撮影したもので
       一般へは非公開で実施

       4号車の完成に合わせ、他のリラックマバスの配置換えを実施しました。これによりより多くのみなさまと触れる事となりました。4号車の登場とともに認知度もこれまで以上となり、イベント等への参加も増えていく事となりました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 7月28日~リラックマバス4号車登場記念
    「ごゆるりサマーキャンペーン2012」実施(7/28~9/15)

  • 9月15日リラックマバス4号車撮影会&グッズ販売会実施(イオンモールむさし村山)

  • 10月13日日本バス協会主催「バスフェスタ2012」にて4号車を展示(代々木公園)

    • 2度目のバスフェスタ(日本バス協会主催)参加へ

        

      2012年10月13日に開催された「バスフェスタ㏌TOKYO」に昨年に続き参加する事となり、4号車を展示しました。
      会場は前年の日比谷公園から代々木公園(ケヤキ並木)へ変更となりました。
      会場の代々木公園(ケヤキ並木)に到着し、展示準備中の「リラックマバス4号車」
      ▲会場の代々木公園(ケヤキ並木)に到着し、展示準備中の
      「リラックマバス4号車」。背後には他の展示車両の姿も!

      入場中の一コマと
展示中の様子
      ▲会場へ入場中の一コマ▲こちらは展示中の様子

      2年連続での日本バス協会主催イベントへの参加となり、今回も色々なバスとの並びが実現しました。
      渋谷の繁華街に近い会場であったため、搬入時や搬出時といった展示以外でも、沿道からかなりの注目を浴びていました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 10月20・21日小田急ファミリー鉄道展(海老名)にて4号車を展示(展示は21日のみ)

2013年(平成25年)

  • 3月6日リラックマバス【二代目】1号車登場(拝島営業所所属:H963号車)

    • リラックマバス「1号車」二代目へバトンタッチ

        

      登場から5年以上が経過した「リラックマバス1号車」について、リニューアルを実施する事となり、新たな車両へバトンタッチする事となりました。二代目には拝島営業所所属のH963号車が選ばれました。
      完成直後の「リラックマバス1号車」(二代目)
      ▲完成直後の「リラックマバス1号車」(二代目)
      初代のイメージを受け継ぐ黄色の車体で登場!
      西日本車体製ボディとなり、新たな車両バリエーションが加わった

      施工中の様子(外装)と車内
      ▲施工中の様子(外装)▲施工中の様子(車内)

      車体ラッピングの耐用年数等を踏まえ、5年程度で車両を更新していく事となり、二代目へのバトンタッチが決まりました。
      完成した二代目1号車は、基本的に初代のデザインを踏襲していたものの、細部に違いがみられ新たな魅力が詰まったリラックマバスとして登場しました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 3月9日第4回「立川バスファン感謝イベント」にて新旧 1号車4号車 を展示
    (拝島営業所)

    • リラックマバス「1号車」新旧並びでの展示

        

      2013年3月9日に開催された第4回「立川バスファン感謝イベント」にて、新旧1号車を並べての展示を実施しました。
      2台が並んだのはこの時が最初で最後となり、貴重なシーンとなりました。
      第4回「立川バスファン感謝イベント」にて
      ▲新旧1号車が並んだ
      第4回「立川バスファン感謝イベント」にて(拝島営業所)
      同イベントでは4号車も展示された

      展示中の様子と初運行に就く二代目1号車
      ▲展示中の様子▲初運行に就く二代目1号車

      イベント自体の認知度向上、新旧1号車の並びは今回限りという事もあり、多くの来場者がこの貴重なシーンをカメラに収めていました。二代目1号車はこの日が初運行でもあったため、こちらも多くの方が初乗車を楽しみました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 3月23・24日リラックマバス【初代】1号車さよなら運転を実施
    26日に剥離作業を実施、通常のバスに戻る

    • リラックマバス「初代1号車」さよなら運転を実施

        

      二代目1号車の登場に伴い、初代車両はリラックマバスとしては引退する事となり、2013年3月23日・24日にさよなら運転を行い有終の美を飾りました。
      さよなら運転中の初代1号車(H728号車)
      ▲さよなら運転中の初代1号車(H728号車)
      沿線の桜も最期の運行に彩りを添えた

      担当者手作りのマークと剥離作業中の様子
      ▲担当者手作りのマーク▲剥離作業中の様子

      元祖リラックマバスの引退という事もあり、さよなら運転当日は大変多くのみなさまに駆けつけていただきました。リラックマバスとして最初の歴史を作った同車の功績は計り知れないものがあったと思います。尚、同車(H728号車)は現在も通常カラーのバスとして活躍中です。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 3月30日箱根登山バス主催「小田急グループバスフェスタ」にて1号車を展示
    (小田原・城東車庫)

    • リラックマバス 小田原へ!

        

      2013年3月30日、箱根登山バスが主催するイベント「小田急グループバスフェスタ」にデビュー直後の二代目、1号車が参加しました。立川から小田原へ、今までで一番遠くまで行ったイベントでした。
      小田原市内にある箱根登山バスの営業所で展示される「リラックマバス1号車」
      ▲小田原市内にある箱根登山バスの営業所で展示される
      「リラックマバス1号車」
      小田急グループのバスが勢ぞろいした初のイベントとなった

      走行の様子と箱根登山バスと並んだ様子
      ▲国道1号線大磯の松並木を走行▲主催者の箱根登山バスと並ぶ

      路線バスであるリラックマバスは高速道路を走る事ができません。そのため立川から小田原へはひたすら下道を走って行く事となります。当日は片道3時間以上かけて小田原まで往復しました。営業エリアから離れた地域を走るため、沿道からの注目度も高かったですね…

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 4月6・7日立川バスライブラリーにて【初代】1号車引退イベントを実施
    (4号車を展示)

  • 5月5日ビナウォーク「はたらく車大集合」にて1号車を展示(神奈川県海老名市)

  • 5月26日小田急バス主催「小田急バスフェスタ」にて3号車を展示
    (小田急バス登戸営業所)

    • 小田急バスのイベントに参加

        

      小田急バス登戸営業所の開設に合わせて開催された「小田急バスフェスタ」に3号車が参加しました。
      3月の箱根登山バスのイベントに続き、小田急グループの色々なバスとの共演が見られました。
      開設前の小田急バス登戸営業所で展示される「リラックマバス3号車」
      ▲開設前の小田急バス登戸営業所で展示される
      「リラックマバス3号車」
      当社からはもう一台「聖☆おにいさんバス」も参加した

      展示の様子
      ▲展示とともにグッズ販売も▲こちらは展示中の様子

      この年(2013年)は多数のイベントに参加しており、その際何号車を展示するのかというのを決めなければなりませんでした。主催者側から希望がある場合にはできるだけ沿うようにしていましたが、リラックマバスなら何でも…という場合にはその年にデビューした車両を中心にしつつ、あまり偏らないように選定していました。今でも基本的にはこの考えに基づいています。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 7月3日リラックマバス5号車登場(シティバス拝島営業所所属:2016号車)
    3号車と同様、希望番号を取得 ※リラックマにちなんで5656(ゴロゴロ)

    • リラックマバス「5号車」登場!

        

      2013年7月3日、拝島営業所所属の2016号車が「リラックマバス5号車」として登場しました。
      リラックマバスとして初の高速バス仕様であり、リラックマバスの新たな魅力がさらに加わりました。
      完成直後の「リラックマバス5号車」
      ▲完成直後の「リラックマバス5号車」
      同車は希望ナンバーも取得
      リラックマにちなんで5656(ゴロゴロ)

      車内の様子
      ▲車内の様子▲路線バスにはないカーテンも
       リラックマ柄に

      これまでの路線バス仕様とは車体の構造が異なるため、仕様の決定までには今まで以上に時間がかかりました。特に車内については路線バスにない装備品等もあるため、特に力を入れたところでもありました。関係者の努力の末、とても魅力的な車両が誕生し喜びもひとしおでした。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 7月6日リラックマバス5号車デビューイベント実施
    5号車1号車を展示(イオンモールむさし村山)
    「ごゆるりサマーキャンペーン2013」実施(7/6~8/31)

  • 7月10日リラックマバス5号車、立川~羽田空港線で運行開始

  • 9月21日江ノ電バス主催「江ノ電バスフェスタ2013」にて5号車を展示
    (江ノ電バス藤沢 湘南営業所)

    • リラックマバス 湘南へ!

        

      2013年9月21日、江ノ電バスが主催するイベント「江ノ電バスフェスタ2013」に高速バス仕様の5号車が参加しました。神奈川県の藤沢へ、湘南の地へ初乗り入れとなりました。
      会場である江ノ電バス藤沢の湘南営業所に到着した「リラックマバス5号車」
      ▲会場である江ノ電バス藤沢の湘南営業所に到着した
      「リラックマバス5号車」

      グッズ販売や展示の様子
      ▲グッズ販売の様子▲展示中の様子

      イベント参加時は多くの場合、バスの展示とグッズ販売を行います。この時も同様でしたが、立川から藤沢に向かう際、途中で大渋滞に巻き込まれてしまい、バスはかろうじて間に合ったもののグッズを積んだ社用車が開始時刻に間に合わないというハプニングが発生しました。エリア外のイベント参加ではこういった事も起こるものなんですね…

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 10月5日日本バス協会主催「バスフェスタ2013」にて5号車を展示(代々木公園)

  • 12月7日「リラックマバスフェスタ」を実施、5台全車の展示とバスコレの販売
    (イオンモールむさし村山)

    • 「リラックマバスフェスタ」開催!

        

      2013年12月7日、リラックマバス全車が集結するイベントの開催が実現しました。5台全車がそろったのは10年におよぶ歴史の中でもこの時のみで、貴重なシーンとなりました。
      イオンモールむさし村山に集結した5台のリラックマバス
      ▲イオンモールむさし村山に集結した5台のリラックマバス

      キャラクター仕様の車内
      ▲リラックマバスのバスコレを
       求める長蛇の列
      ▲展示中の様子

      5台全車の並びは担当者としても初めて見るものであり、改めて壮観な眺めだなと思いました。この時はリラックマバスのバスコレクションの販売も実施したため多くの方にお越しいただきました。これ以降、5台全車が並ぶイベントといったものは開催していないので、いつかまた実現できるといいですね…

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

2014年(平成26年)

  • 3月7日リラックマバス【二代目】2号車登場(上水営業所所属:J778号車)

    • リラックマバス「2号車」 二代目へバトンタッチ

        

      1号車に続き2号車についてもリニューアルを実施する事となり、二代目車両にバトンタッチする事となりました。
      二代目には上水営業所所属のJ778号車が選ばれました。リラックマバス初のAT車でもあります。
      完成直後の「リラックマバス2号車」(二代目)
      ▲完成直後の「リラックマバス2号車」(二代目)
      1号車同様、初代のイメージを受け継ぐカラーで登場

      新旧2号車展示の様子や剥離作業中の初代2号車
      ▲新旧2号車展示の様子▲剥離作業中の初代2号車

      二代目2号車は2014年3月7日に施工されましたが、早くも2日後の3月9日に開催された、第5回「立川バスファン感謝イベント」で新旧並べての展示を行いました。初代車両(J730号車)は翌10日に剥離作業を実施し、現在は通常カラーの路線バスとして活躍中です。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 3月9日第5回「立川バスファン感謝イベント」にて新旧2号車を展示(拝島営業所)
    初代2号車は10日に剥離作業を実施、通常のバスに戻る

  • 5月6日ビナウォーク「はたらく車大集合」にて2号車を展示(神奈川県海老名市)

  • 5月17日「バスとタクシーのひろばin小平2014」にて2号車を展示(小平市)

    • 「バスとタクシーのひろばin小平」に参加

        

      東京都小平市内を運行するバス会社やタクシー会社が一堂に会するイベントです。この時が第1回目でした。
      当社からはデビュー間もない二代目2号車を展示。ここでも色々なバスとの共演がみられました。
      会場であるブリヂストンTODAY駐車場で展示される2号車(二代目)
      ▲会場であるブリヂストンTODAY駐車場で
       展示される2号車(二代目)

      様々なバスが展示された会場や展示中の様子
      ▲様々なバスが展示された会場▲こちらは展示中の様子

      小平市および地域公共交通会議が主催であり、バスだけでなくタクシーも展示されるというこれまでにないイベントでした。その後、毎年開催されるイベントとなりましたが、当社のイベントも参考にしていただいているとの事。担当者としてはとてもうれしいお言葉でした。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 8月23日「J700/M401展示&バスコレ販売会inイオンモールむさし村山」にて
    3号車を展示(イオンモールむさし村山)

  • 10月4日日本バス協会主催「バスフェスタ2014」にて2号車を展示(代々木公園)

2015年(平成27年)

  • 3月29日第6回「立川バスファン感謝イベント」にて1号車を展示
    (イオンモールむさし村山)

    • 「すみっコぐらしバス」との共演

        

      2015年3月、新たなキャラクターバスとして「すみっコぐらしバス」がデビュー。直後に開催された、第6回「立川バスファン感謝イベント」にてリラックマバス1号車と並べて展示され、新たなシーンが加わりました。
      イオンモールむさし村山で展示される「リラックマバス1号車」(右)と「すみっコぐらしバス」
      ▲イオンモールむさし村山で展示される
      「リラックマバス1号車」(右)と「すみっコぐらしバス」

      キャラクター仕様の車内
      ▲瑞穂営業所で3号車(右)と並ぶ
      「すみっコぐらしバス」
      ▲「すみっコぐらしバス」
       車内の様子

      「立川バスファン感謝イベント」例年拝島営業所での開催でしたが、この年からイオンモールむさし村山に変更となりました。
      「すみっコぐらしバス」も「リラックマバス」に負けず劣らずの人気がありますが、こういった新たなキャラクターバスが実現できたのも、「リラックマバス」のこれまでの功績があったからですね。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 5月6日ビナウォーク「はたらく車大集合」にて4号車を展示(神奈川県海老名市)

  • 11月24日リラックマバス5号車、運行終了

2016年(平成28年)

  • 3月30日リラックマバス【二代目】3号車登場(瑞穂営業所所属:M810号車)

    • リラックマバス「3号車」二代目デビュー

        

      初代3号車の登場から約5年が経過したため、3号車についてもリニューアルが実施される事になりました。
      二代目には瑞穂営業所所属のM810号車が選ばれました。
      初代3号車とは異なるコンセプトで登場
      ▲完成後すぐに開催された第7回「立川バスファン感謝イベント」で
      展示される「リラックマバス3号車」(二代目)
      初代3号車とは異なるコンセプトで登場

      二代目3号車の車内
      ▲二代目3号車の車内▲天井などにも装飾が

      1号車と2号車については、初代も二代目車両も同じテーマ・カラーでリニューアルを行ってきましたが、3号車については初代が「森」をテーマにしたデザインに対し、二代目は「宇宙」をテーマにしたまったく異なるデザインで登場しました。車内については、前年登場した「すみっコぐらしバス」で初めて行った天井や壁面への装飾を実施しました。

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 4月2日第7回「立川バスファン感謝イベント」にて
    1号車新3号車を展示 (イオンモールむさし村山)

  • 5月21日「バスとタクシーのひろばin小平2016」にて3号車を展示(小平市)

  • 9月24・25日リラックマバス【初代】3号車さよなら運転を実施 → 車両不具合により中止

  • 10月15日小田急ファミリー鉄道展(海老名)にて3号車を展示

2017年(平成29年)

  • 4月21日リラックマバス【新】高速バス登場
    (シティバス拝島営業所所属:2014号車)

    • リラックマバス「高速バス」再デビューへ

        

      2017年4月、リラックマバスの「高速バスバージョン」が再度デビューしました。初代5号車の引退から約1年半ぶりの復活となりました。車両は拝島営業所所属の2014号車が選ばれました。
      完成直後の「リラックマバス高速バス」
      ▲完成直後の「リラックマバス高速バス」
      初代5号車とは異なるコンセプトで登場

      車内の様子
      ▲車内の様子▲羽田空港にて

      車体には新キャラクターである「こぐまちゃん」こと「チャイロイコグマ」が描かれ、車内デザインも更にパワーアップ。
      高速バスとして活躍中なので目にする機会は少ないかもしれませんが、是非一度ご乗車ください!

      © San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 4月23日第8回「立川バスファン感謝イベント」にて【新】高速バスを展示
    (イオンモールむさし村山)

  • 4月28日リラックマバス【新】高速バス、立川~羽田空港線で運行開始

  • 5月5日ビナウォーク「はたらく車大集合」にて2号車を展示(神奈川県海老名市)

  • 5月13日「バスとタクシーのひろばin小平2017」にて4号車を展示(小平市)

このページの先頭へ